敷居が高いが人気も高い航空系・交通系カード発行会社

航空系・交通系カード発行会社が増えつつあります。

航空系のクレジットカードはANAカード、JALカーがあります。

ANAカードには一般カード、ZEROカード、ソラチカカード、ワイドカード、ダイナースカードとANAだけでもこれだけの種類があります。

比較的使用する人の年齢層は通常のカードよりも高めになります。

そのため審査は厳しめで学生や主婦ではなかなか持つのが難しいです。

また年会費もゴールドカードで15000円ほどと多少割高です。

それと普段から飛行機にあまり乗らない人にとってはあまりメリットの無いカードになります。

それでも人気は衰えず普及率も高いです。

理由としてはマイレージの管理とポイントの管理が同時にでき、海外での傷害保険の充実、観光や出張先での特典の多さ、空港でのラウンジの利用等に非常に便利な点が選ばれています。

さらに飛行機を使うことが多い人にとってはメリットが高いのです。

普段より使うクレジットカードでマイルを獲得することが可能ですのでうまく使用することにより飛行機代が浮かせることができます。

飛行機を利用するときだけで使うのではなく飛行機を降りたあとにも有効に使えるカードとして高い人気を誇っています。

交通系カードとしては電車系の会社のカードが多いです。

主に東急カード、小田急カードなど種類は豊富にあります。

近年は定期券もSuicaで使用することが増えていますので、クレジットカードとSuicaの合体したカードもあります。

中でもJR東日本が発行するビュースイカカードはSuicaへのチャージ額が減ってくると自動的にチャージできるオートチャージ機能を搭載しております。

残金の心配もすることなく使用することができ、非常にスマートに使うことができます。

こちらは電車ということもあり使用者は幅広い層ですので審査は比較的易しいものとなっています。

東急カードや小田急カードなどでは百貨店での使用で通常よりもポイントを獲得することができます。

このページの先頭へ