生き残りをかけて戦うドライバーズ系カード発行会社

石油の高騰により15年前よりレギュラーガソリン価格は60円も値上がりしています。

ガソリンスタンドもこの打撃を受け閉店するところが増えています。

また消費者も1円でも安く給油しようと必死になっています。

そこでガソリンを販売しているドライバーズ系カード発行会社、特にガソリン販売の会社では自社で給油を促すよう様々なサービスを展開しています。

国内ではエネオス、昭和シェル、コスモ、ESSO、出光が有名です。

中でもESSOのシナジーカードはガソリン代に突出したサービスをしています。

シナジーカードは三菱UFJニコスとESSOの共同で作られたクレジットカードです。

ESSOのサービスとしてスピードパスが代表です。

一見、車のキーのアクセサリーですが、これがあればカードも現金も要らないのです。

給油する際にはエンジンを切りますのでそこに目をつけたESSOは素晴しいです。

仕組みは棒状のカギをかざすことにより給油できるのです。

そして支払いは登録されたクレジットカードへといきます。

クレジットカードはシナジーカードでなくても大丈夫ですが、セットあれば最大で1リットルあたり12円引きとなります。

これはどのクレジットカードよりも高いサービスです。

クレジットカードと同様の働きをしてくれるので、もちろん盗難補償も付いており、万が一紛失や盗難にあっても心配ないです。

シナジーカードの年会費は2100円です。

年間の使用金額が252000円以上になりますと年会費は無料になります。

もちろん家族カードの年会費420円も無料になります。

さらにショッピングや公共料金、ETCなどで使用すると翌月は給油が最大で7円安くなります。

この7円とスピードパスの5円を足して最大で12円の割引となっています。

もしシナジーカードを作られる機会があれば絶対にスピードパスとセットにしたほうが良いです。

セット割が大きくなっている昨今ですが、それでもこれだけの割引が利くクレジットカードは他にはありません。

このページの先頭へ