通信系・IT系カード発行会社はポイントへの魅力が高い

ショッピングは足を運ばずパソコンで済ますネットショッピングが増えてきています。

ネットショッピングのお店に行く必要はないのですが、支払いに難点な部分がありました。

代引きではや銀行振り込みは余分な手数料が掛かってしまいます。

コンビニでの支払いは忘れてしまいがちになります。

そこで通信系・IT系カード発行会社は自社でクレジットカードを発行し、ネットショッピングで使用してもらうことにより手数料も使わずに簡単に決済ができるシステムを作りました。

他社のクレジットカードを使用ですと、使うたびにカード情報を入力する必要がありますが、自社のクレジットカードであればその必要もなくさらに快適なショッピングができます。

発行されているカードといえばYahooカードと楽天カードを一番に思い出します。

ネットショッピング最大手YahooカードはTポイントカードとの合併により入会時に最大で5000ポイントのTポイントをもらうことができます。

国際ブランドはJCBカードで年会費は1312円です。

しかし年間でショッピング20万以上利用しますと翌年度は無料になります。

公共料金や携帯料金もカードで支払うことが可能ですので、年間20万円は問題なく支払うことができます。

YahooポイントがTポイントと合併したことによりさらにポイントがもらえるシーンが増えたことが最大の魅力です。

YahooカードにSuica機能もつけることができます。

TポイントもSuicaもクレジット機能も一つに纏めることができます。

例えばTポイントを貯めてSuicaにチャージすることも可能です。

楽天カードでは使用した金額に応じてダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、シルバーとランク分けされランクに応じてサービス内容が変動します。

また各サービスに対してエントリー制を採用しており、内容によっては小額の利用で何倍ものポイントを獲得することができます。

楽天市場にはシークレットセールスがありカード保持者しか買うことのできない限定のショッピングができます。

ネットショッピングは誰でも使う機会があるかと思います。

クレジットカードを有効利用してお得に購入しましょう。

このページの先頭へ