銀行系カード発行会社のクレジットカードが増加する理由

銀行系カード発行会社のクレジットカードが今増えてきています。

有名なところとしてはみずほ銀行のUCカード、UFJ銀行のMUFGカード、三井住友銀行のVISAカードなど三菱東京UFJ、三井住友銀行を株主に持ち、自ら国際ブランドを持つJCBカードなど主に大手メガバンクが発行しています。

その理由として銀行が様々なサービスとクレジットカードをセットにする傾向にあります。

また預金口座とクレジットカード使用の後払いの引き落としも全部一枚でできるようにしているのも増えている理由の1つです。

財布もかさばらず、管理しやすいと評判です。

銀行がクレジットカードを発行するようになったのか。

銀行も預金での金利も付かない、銀行もどうなるか分からない、資産の増やし方も変わりつつあります。

つまりどこの銀行でもよくなっているのが現状です。

そのため引出の手数料など少しでも安くてお得な銀行を選ぶケースが増えています。

そこで各銀行は顧客の獲得のためにクレジットカードを発行し、住宅ローンなどの引落口座を作ると同時にクレジットカードをセットして渡すようにしています。

そこでカードを使用してもらい更なる利益を上げようとしています。

では銀行系のクレジットカードにどのようなメリットがあるのか。

一番は預金の引出手数料の優遇です。

土日や時間外の手数料も無料になるなど使う側には時間を気にさせない強みがあります。

MUFGカードであれば、時間外は永久無料、また提携先のコンビニでも所定の期間の間は最大で3回まで手数料が無料になります。

クレジットカードで公共料金の支払いもでき、そこでポイントをため活用できます。

このように何重にも使用者にメリットがあります。

銀行も給与振込みの指定や公共料金の収納代行の手数料が獲得できますので一石二鳥以上になります。

また銀行系のクレジットカードを発行しておけば今後の融資も有利に動く傾向があります。

住宅ローンだけではなく車、学資等にも有益ですのでやはり銀行系カード発行会社を選ぶ人が多いのです。

このページの先頭へ