海外旅行に必須の旅行保険は、カードの付帯保険でまかなえます

海外旅行に行くときに、旅行会社に勧められるまま旅行保険に入る人が結構多いです。

実はクレジットカードの保険でも、きちんと調べたら、旅行保険よりも補償が厚くて、何より安く保険を付けることができます。

実は、死亡・後遺障害以外の補償額というのは複数のカードの補償額が合算されます。

ですので、できるだけたくさんカードを持つことでさらに補償を厚くすることができます。

付帯保険が良いクレジットカードのランキングです。

1位 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード。

旅行やエンターテインメントに対する上質なサービスと言えば、やはりアメックスです。

このカードはゴールドカードをずっと使っている優良会員に向けのカードです。

カード利用付帯で海外旅行死亡・後遺傷害保険は最高10,000万円まで補償されます。

傷害・疾病治療費用は最高200万円まで補償されます。

2位 楽天カード。

楽天市場をよく利用する人にとって必須のカードです。

とてもお得な年会費無料のカードです。

楽天市場で買い物するとポイントが2倍になります。

海外旅行死亡・後遺傷害保険 は利用付帯で最高2,000万円までの補償、傷害・疾病治療費用は最高200万円まで補償されます。

3位 JCBゴールドカード。

このカードは標準的なクオリティーのゴールドカードです。

ビジネスシーンでも恥ずかしくないステイタス感もあり人気のカードです。

海外旅行死亡・後遺傷害保険は最高10,000万円まで補償、傷害・疾病治療費用は最高300万円まで自動付帯で補償されます。

4位 三井住友VISAゴールドカード。

銀行系ゴールドカードの定番カードです。

電子マネーiD機能が付いており、空港ラウンジなども使えるため、日常からビジネスまで使用場面が広く持っていて損はないカードです。

死亡・後遺傷害保険は最高5,000万円まで補償、傷害・疾病治療費用は最高300万円まで自動付帯で補償されます。

5位 JCB一般カード。

やはり日本では最も広く使われているカードです。

国内・海外旅行傷害保険は利用付帯で最高3,000万円まで補償、傷害・疾病治療費用は最高100万円まで補償されます。

このページの先頭へ