クレジットカードランキングで、シティカードに高ステータス有り

シティカードジャパンは、世界有数規模でクレジットカード事業を行っている米国シティグループ(Citigroup)の日本でのシティカード発行事業を運営している会社です。

設立は、1977年4月でディー・エヌ・シー・エイジェンシーという会社名でスタートしています。

米国では中核のシティバンクがVISAとMasterCardの直接のプリンシパルメンバー(カード業務の全てを執行できる権利を持つ団体)ですが、発足当時に日本国内では銀行法の規制があり、銀行が直接カード発行ができなかったため、カード運営会社のシティカードジャパンを設立して、2004年にはダイナースクラブ(DC)運営の日本法人の営業権も継承して現在に至っています。

したがって、現在シティカードは、シティカードとDCカードの2種類のクレジットカードを、世界ブランドとしてはVISAとMasterCard、ダイナースクラブ(DC)の3種のカードを発行しており、いずれもステータスの高いカードと一般に認知されています。

シティカード自体は、会社紹介・概要などではカード会員数やカード取扱高、加盟店数などの公表はしていませんので、実数のカードランキングでは順位は出ませんが、クレジットカード自体の質の高いステータスでは人気があります。

幅広いサービス網が持ち味であり、世界中のホテルなどでの宿泊料金優待や空港ラウンジ使用、レストランでの最大20%食事代キャッシュバックなどの優待特典が充実しています。

また、ショッピング、ゴルフ、リゾート、フィットネスなどの施設とのタイアップによる優待サービス、オンラインショッピングでの最大ポイント20倍、キャッシュバック最大10%など、シティーカードならではのサービスが充実しており、ポイントやマイルが貯めやすい工夫があります。

さらに、付帯旅行傷害保険で最大1億円、買い物傷害保険で最高500万円まで保障するカード付帯保険などがシティカードの特徴です。

このページの先頭へ