クレジットカードランキングで、セディナに由来があります

セディナ(Cedyna)は、三井住友ファイナンシャル系のクレジットカード事業会社です。

歴史は古く、1950年百貨店事業の丸興が始まりです。

その後、スーパーマーケットのダイエーの傘下にあり、流通系のクレジット会社でした。

カードの名称もダイエーメンバーズカードからオレンジメンバーズカードへと変わります。

2002年には、社名をオーエムシーカードに変更と会社紹介・沿革に出ています。

流通系カードとしては歴史と、イオンクレジットサービスに2008年に追い抜かれるまでは会員数2位の長い実績を持つ流通系カードブランドとなりました。

リボ払いの普及や仮カード即時発行、不正検知システムの積極的な導入などで定評がありました。

しかし、母体のダイエーが経営再建に取り組むこととなり、多額の有利子負債圧縮のため、2007年7月に三井住友ファイナンシャルグループ(SMFG)の傘下企業となりました。

2009年4月にはSMFG傘下のオーエムシーとセントラルファイナンス、クオークの3社が合弁し、オーエムシーを存続会社として「セディナ」が発足しました。

現在、SMFGカード&クレジットがカード運営母体となり、セディナは独自のハウスカードの発行も始めており、カード管理システムは、旧オーエムシー(OM)と旧セントラル(CF)の構築していたシステムがそのまま3システム併存運用されており、旧オーエムシー系サービスであったダイエーの優待デー特典やハートポイントはそのまま利用できています。

ちなみに、旧クオーク(QC)は旧セントラルのシステムを利用しています。

各クレジットカードの左下にも「OM」「CF」「QC」とわざわざ判別するために刻印されています。

もちろん、ダイエーでの特典やポイントサービスは「CF」や「QC」では利用することはできません。

セディナの2012年度末のカード会員数は公表数で約1948万人でカード取り扱い高は約67,492億円で、売上額は3社合弁時の2009年の約2239億円から約1641億円と減らしてきていますが、経常益は赤字から黒字確保できる段階に来ています。

今後は、新生セディナとして、カードデータと会員のライフスタイルをマーケッティングに活かし、加盟店への情報提供や会員への提案型のカードとしてカード普及に努めようとしています。

また、カード犯罪の不正検知などへの対応にも力を入れるとしています。

このページの先頭へ