クレジットカードランキングに登場しないポケットカードの奮闘

ポケットカード(Pocketcard)は、ファミマTカードやP-Oneカードを発行するカード会社です。

会社紹介・沿革によると、設立は1982年ニチイ・クレジット・サービスというスーパーのニチイ(後にマイカル、さらにイオンリテール)の信販子会社として発足しています。

ニチイやサティの割賦貸金業を行い、マイカルの経営破綻前の2001年に消費者金融準大手の三洋信販に売却されて、ポケットカードとなりました。

2003年には、伊藤忠商事と業務提携し、コンビニ業界初のクレジット会社であるファミマクレジットのカード業務のアウトソーシング受託を行い、2005年にはマイカルカードの事業を引き継ぐP-Oneカードの発行を開始しましたが、マイカル破綻後はイオンクレジットサービスにカードは移行しました。

マイカルサンインを引き継いだホープタウンは、イオン系列に不参加のため、そのままP-Oneカードを引き継いでいます。

2007年には、三井住友銀行傘下の三洋信販とプロミスの再編が行われ、三井住友ファイナンシャルグループ(SMFG)主導で、2011年ファミマクレジットを合併させて、三井住友銀行と伊藤忠商事、ファミリーマート3社の持分法適用関連会社となりました。

ニチイ時代よりMasterCardのプリンシパルメンバー(カード業務の全権執行の権利を持つ会社)でしたが、三井住友系の関連でVISA、JCBとも提携して3ブランドを発行しています。

クレジットカード有効会員数は、2013年2月末で約497万人と公表されています。

ポケットカードのサービスは、もともと流通系であるため、かなりユニークなものが多く、P-Oneカードでは利用時に自動的に1%割引や1000円に付き一括払い利用で1ポイント、分割・リボ払いで2ポイント還元、年会費3150円でコールドカードが発行できる、1ポケットポイント=3-4.4円に換算されるなど、お得感のあるカードです。

また、ファミマTカードは、同じくポケットカードがカード発行し、TUTAYAを運営するCCCと提携して発行するクレジット機能付き共通ポイントカードです。

3大コンビニでは、セブンイレブンがnanaco、ローソンがPonta、ファミマがTカードと色分けされた形です。

カードランキングに登場しないコンビニの熾烈な共通ポイントカード戦争も見どころです。

このページの先頭へ