各クレジットカード発行会社の特徴を押さえよう。さくらカード。

クレジットカードにはプロパーカードと提携カードの大分類があります。

プロパーカードとは、国際ブランド自身が発行するクレジットカードのことです。

プロパーカードはそのブランドが始めるサービスがまず初めに導入される傾向があります。

しかし、付帯サービス、特にポイント機能が弱いことが多いです。

将来、ゴールドカード以上のステイタスカードを狙う場合には使ったほうがよいのですが、それ以外では選択肢に入らないことが多いでしょう。

提携カードとは各社と提携して作られたカードを指します。

では、発行会社による分類はどれぐらいあるのでしょうか。

銀行系、信販系、交通系、流通系などたくさんの種類がありますが、今回は銀行系カードの代表として、さくらカードを説明します。

銀行系カードとは、銀行の子会社が発行しているクレジットカードを指します。

各国際ブランドは銀行子会社と連携してそれぞれ一社ずつプロパーカードを発行していました。

その名残もあり、プロパーカードを今でも取り扱っています。

三井住友VISAカードはその典型例です。

さくらカードは三井住友カードのJCB部門と考えればよいでしょう。

このような経緯から、さくらカードにはJCBしかありません。

そして、扱いはプロパーカードと同等になるのです。

そのようなこともあり、JCBの最高クラスのステイタスカード、JCB THE CLASSのインビテーションが届きやすいのです。

また、JCBのイベントだけでなく、さくらカード独自のイベントに参加できる特徴があります。

カードの模様もさくらがあしらっており、一般カードは桜色とかわいらしくなっています。

また、会員数の関係で、カードデスクにJCBよりもつながりやすいという特徴があります。

さくらカードは少し特殊な、プロパーカードでありがなら、お得なサービスも多いいいとこ取りのカードと言えます。

将来の事を考えて、JCBのステイタスカードを狙いたい、JCBをお得に使いこなしたい、三井住友銀行がメインバンクである、などの条件に該当したら検討してもよいカードではないでしょうか。

プロパーカード同様に安心して使用できるカードです。

このページの先頭へ