クレジットカードのセキュリティは安全かどうか

クレジットカードのセキュリティについてですが、大きく分けて、店頭での買い物、オンラインショッピングの2つに大別することができます。

店頭での利用についてはICチップの普及により安全性は向上しました。

従来の磁気カードに比べ、偽造やスキミングが難しくなったためです。

さらにICチップ付きのクレジットカードは暗証番号の入力もあるため紛失や盗難の場合も悪用されにくくなっています。

一方、オンラインショッピングですが、基本的にはSSLというセキュリティ機能が付いた通信方法が採用されている為、クレジットカード情報を入力する段階で流出するということはほぼないといっていいでしょう。

さらにオンラインショッピングではセキュリティコードの入力が必須になってきています。

セキュリティコードとはカード裏の署名欄に記載されている数字の一部(一部カードでは異なります)で、これの入力によりカードを持ってない第三者によるなりすましを防止することができます。

このようにクレジットカードのセキュリティはしっかりしていると言えますが、それでもカード情報の流出リスクはゼロにはできません。

企業がカード情報を流失させてしまうこともありますし、カード自体の紛失、盗難のおそれもあります。

しかしながら基本的にこのようなカードが悪用された分の被害はカード会社が補償してくれます。

このような場合はそのクレジットカードは使用停止になり、後日新しいカードが再発行されます。

もちろん署名欄の無記入や、ICチップ付きカードの暗証番号流出など本人に著しい過失がある場合は補償の対象外となるので注意は必要です。

また、これまでの利用履歴と大きく異なる利用がある場合(購入した物品や決済した地域など)はカード会社が悪用されてないか確認してくれるなど、カードの不正利用を察知する仕組みも整っています。

私達利用者もカードの保管に気を配るとともに、何かあった時のためにカードデスクの電話番号は確認するようにしましょう。

このページの先頭へ