クレジットカードの仕組みを知って納得の買い物を

クレジットカードは便利であるとともに不正に使われたときに怖いというイメージがあります。

かくいう私もクレジットカードを使い始めたのはごく最近の話で、それまで現金払いのみでした。

なぜクレジットカードを使い始めたかというと、クレジットカードの仕組みを知り、普段の生活で買い物をする以上もったいないと思ったからです。

まず、クレジットカードはなぜタダで発行できたり、手数料なしで買い物ができるのでしょうか。

それは、手数料が無料のため消費者がクレジットカードで普段以上に買い物をする。

その分の手数料は店の負担となるが、店の収益は上がる。

カード会社は店からの手数料で収入を賄う。

といったように三者三得によって成り立っているのです。

カード会社は収益をより上げるためクレジットカードの無料発行やポイントサービスなどを充実させ、それにより消費者はクレジットカードに頼るようになります。

その結果財布のひもが緩み店の売り上げも上がるという正のスパイラルとなるのです。

消費者のメリットとして、現金を引き下ろすことなく買い物ができるというのが根本です。

しかしそれに付随たサービスとして、ポイントと旅行保険などが付いてきます。

ポイントも普段の生活でクレジットカードを使うだけでかなりの得になりますし、保険も無料で保障してくれるためいいことずくめです。

さらにもう一つの隠れたメリットとして、信用というものがあります。

これは将来銀行から融資してもらう必要が生じたときに真価を発揮します。

普段現金でしか物を購入しなかったときはただ買い物をして終わりですが、カード払いの時は信用取引ですので毎回の支払い能力が確認できます。

よって融資の際、この人は毎回問題なく支払いを済ませているしこのくらいの額なら融資できるなという銀行の判断材料になり、融資されやすくなります。

一つだけ怖いのは不正利用ですが、これは早めの発覚でカード会社が保障してくれたりもします。

こんなにメリットの多いクレジットカードを使わないことはもったいないことです。

このページの先頭へ