クレジットカードの国際ブランドの選び方について

クレジットカードには国内だけでなく、世界中で使うことができる国際ブランドがあります。

代表的な国際ブランドはVISA(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェイシービー)、AMERICANEXPRESS(アメリカンエキスプレス、アメックス)、DinersClub(ダイナースクラブ)の5つで、ほとんどのカードがこのどれかに属しています。

それぞれの特徴や違いを見ていきましょう。

VISAは加盟店数世界一の国際ブランドです。

国内外問わず、ほとんどのお店で利用することができます。

1枚だけクレジットカードを持つ場合にお勧めしたいのがこのVISAです。

MasterCard(以下マスターカード) も世界中で使うことができる国際ブランドです。

日本ではVISAとマスターカードの違いはほぼないといっていいですが、海外においてはマスターカードがヨーロッパ、VISAはアメリカ地域で強いとされています。

JCBは日本発の国際ブランドで、日本での加盟店の多さが特徴です。

反面、他の国際ブランドに比べて海外の加盟点数は決して多くはありません。

有名な観光地はカバーしているものの、JCBのみ使えないという場合がありますので注意が必要です。

AMERICANEXPRESS(以下アメリカンエキスプレス)は加盟店数こそ多くないものの、高ステータスのカードブランドです。

日本ではJCBと加盟店開放契約をしているので、JCBが使えるお店であればほとんどのお店で利用可能です。

Diners Club(ダイナースクラブ)も高ステータスのカードです。

カード作成自体が難しく、加盟店も高級店を中心に展開しているので数は多くありません。

個人差はあるでしょうが、どれがオススメかと言われたらVISAが1番でしょう。

やはり加盟店数の多さは魅力的です。

複数カードを持つ場合、もう1枚はJCBをお勧めします。

JCBは海外の加盟店数こそ多くありませんが、日本での数はトップです。

両方持っていればクレジットカードが使えないケースに遭遇することはほとんどないでしょう。

マスターカードについてはVISAと大きな違いはないのでどちらも選んでも困ることはありません。

アメリカンエキスプレスとダイナースクラブはカード自体にステータスとしての魅力がありますが、加盟店は多くはないので普段使いには向かないカードと言えるでしょう。

このページの先頭へ