クレジットカードの申し込みに必要な事前準備

クレジットカードを取得するにあたり、必要な事前準備をご紹介します。

初めにしておきたいのが、カード情報についての確認です。

もう1度申し込もうとしているクレジットカードの概要を見直しましょう。

付帯保険の条件は大丈夫か、ポイントサービスについての理解は十分か、申込キャンペーンなどの見落としはないか、同じようなカードとの比較は確認済みかなどをおさらいすることをお勧めします。

クレジットカードは簡単に何枚も作れるものではありません。

つくってから後悔しないよう、カード情報の確認はしっかりしておきましょう。

では実際に申し込むにあたって概ね以下の書類を用意することになります。

それは本人確認書類、収入証明書類、銀行口座です。

本人確認書類は運転免許証や写真つき住民基本台帳カードなど顔写真と住所・氏名・年齢が明記されるものが推奨されます。

上記以外ではパスポート、健康保険証、外国人登録証明書なども利用可能です。

住民票や年金手帳などもありますが、詳細はカード会社によって異なります。

可能であれば前に挙げたものを用意しておくと安心です。

次に収入証明書類ですが、キャッシング利用の関係上必要になります。

証明できるものはいくつかありますが基本的に下記のものの提出が求められます。

給与源泉徴収票.所得税確定申告書、納税通知書、給与支払明細書(直近の数か月分)、年金通知書などです。

学生カードを申し込む場合は申込者本人の収入証明の必要はありませんが、その代わり親権者の収入証明書類や、同意書を提出することになります。

最後に銀行口座です。

カード会社によって指定の口座がありますが、それをお持ちの場合は申し込みが簡略化されます。

指定外の口座を選ぶ場合は別途申込書類が必要になりますのでご注意ください。

もちろんこれらの必要書類につきましては申し込む際に何が必要か記載されていますので正確に記憶する必要はありませんので参考に覚える程度で大丈夫です。

このページの先頭へ