クレジットカードを持つメリット・デメリットとは

クレジットカードを持つメリット・デメリットはなんでしょうか。

まずメリットについて考えてみましょう。

基本的なメリットは現金を持たずに買い物ができる点です。

クレジットカードが利用可能な店舗であれば現金の多寡を気にすることなく買い物でき、支払いもスムーズです。

海外旅行に行ってもカードがあれば最小限の両替で済ませることができます。

また基本的にクレジットカードは盗難・紛失保証がついている為、多めの現金を持つよりも失くした場合のリスクが少なくなります。

もう1つの大きなメリットは付帯サービスが挙げられます。

特にポイントサービスは利用するだけでポイントが貯まるので1番実感しやすいメリットかもしれません。

日常の買い物だけでなく、公共料金や携帯電話などの支払いをカードで行えばよりポイントを貯めることができます。

さらに旅行傷害保険が付帯されているものがあれば旅行の際も安心できます。

また提携サービスを組み合わせると割引やポイント付与なども享受できる点も見逃せません。

ではデメリットはなんでしょうか。

もっともいわれるのが浪費しがちになることです。

現金がなくても買い物できることはメリットであると同時にデメリットにもなりえます。

使っている実感がわかないのも浪費を助長させてしまいます。

クレジットカードは郵送またはWebにて利用明細を確認することができます。

家計簿代わりにもなるので浪費しがちな人はこれを利用して支出の管理をしっかりしましょう。

他には現金と違ってカード情報や個人情報の流出の恐れがありますが、不正利用については原則補償されますのでカードの管理に気をつければ大丈夫でしょう。

また、気をつけたいのが支払いの延滞です。

延滞が続くと信用情報機関に登録されローンが組めない原因になる恐れもあります。

基本的にクレジットカードは普通に利用していれば様々なメリットを享受できる支払方法です。

デメリットも本人の使い方次第で軽減や解消できますので、賢く使ってメリットのみを受けるようにしたいものです。

このページの先頭へ