クレジットカードと電子マネーは比較してどう違うのか

日本での電子マネーの主流は、非接触型IC(フェリカ)カード方式の電子マネーです。

駅の改札やコンビニの支払に「ピッ」とか「ジャラ~ン」といった電子音が鳴り響き、振り返ってみると利用者が読み取りポイントにカードを近づけるだけで颯爽と改札を抜けたり、支払を終えています。

如何にもスマートに見える電子マネーですが、一般のクレジットカードなどと比較してどういう特色があるのでしょうか。

電子マネーには大きく分けてICチップ内蔵カード型とネットのなかでやり取りするサーバー型とがあります。

IC型の代表は、チャージ機能付プリペード方式の2001年11月に誕生したEdyや電鉄系のSuica、PASMOなど、流通系のnanaco、WAONなどです。

また、クレジットカード付加のポストペイ(後払い)方式のおサイフ携帯に対応したiDやQUICPayなどです。

これらの電子マネーはカード枚数に換算しても1億枚以上になっています。

また、ネットサーバー型の仮想マネーもあります。

こちらは、実際のカードは発行されず、コンビニやネットで購入でき、ネット上でマイページにログインして匿名で発行手続きし、クレジットカードと同様にネット通販などでの支払が出来るVISAのVプリカなどがあります。

電子マネーには、チャージ(入金)機能付きのプリペイド(前払い)やポストペイ(後払い)の両方がありますが、クレジットカードと比較して、大きな違いは匿名性があるか無いかの違いです。

クレカのように個人を特定できることで商品の購入後決済が可能なものと、より匿名性の高い現金に近い決済手段である電子マネーとの違いということです。

完全に現金に代わるという訳にはいきませんが、現金を持ち歩かなくても、読み取りポイントにかざすだけで瞬時に支払いが済んでしまう、ないしは自分の携帯をポイントに近づけるだけで決済が済んで商品を持ち帰ることが出来るスマートさが若者を中心に受けています。

電子マネーがクレジットカードに付加されたカードは、カードランキングでも若者や女性を中心にどれも人気のカードとなっています。

電子マネーでは、5000円程度までの少額の支払いが向いており、ポイント還元率も高くなっていますので、活用次第では大変有利といえます。

このページの先頭へ