クレジットカード会社のポイント還元率ランキング

クレジットカード会社におけるランキングを書いていきます。

今回はポイント還元率になります。

各カードの多くにはポイントが付与されていますが、それらがどういう金額単位で付加されるかを表すのかが還元率となります。

一番還元率が高いのが数百円単位で付くもので、100円単位で1ポイント付ける1%が高還元率の部類となります。

その中でも一番還元率が高いカードが「リクルートカードプラス」です。

100円で2ポイント(リクルートポイント)が付きます。

還元率にすると2%となります。

但し、年会費は2100円かかりますし、ポイント交換先も少ないので使い勝手はいいとは言えません。

年会費無料となる「リクルートカード」だと還元率1.2%となりますがこれでも高還元率です。

次に話題のカードとして「漢方スタイルクラブカード」があります。

このカードは2000円で7ポイント、1ポイントが5円相当なので還元率にすると約1.75%の高還元率となり、初年度のみ年会費無料となります(次年度以降は1575円)。

次に高還元率なのが「楽天カード」になります。

100円で1ポイント(楽天スーパーポイント)が付き、還元率は1%ですが年会費も永年かかりませんので還元率が高い部類になります。

更に楽天市場での購入はポイント2倍になりますし、キャンペーンが行われるときは最大10倍までポイントアップになりますので還元率は更に上がります。

それに続くのが「JCB EIT(エイト)」となります。

JCBカードの中でも一番還元率が高いカードで、1000円で2ポイント付き、JCB他カードではかかる年会費もかかりませんので還元率が高いほうになります。

リボ払い専用カードですが設定により1回払いカードとしても使えます。

他にも、アマゾンに交換する際に有利な「リーダーズカード」、誕生月にポイント5倍になる「ライフカード」、スイカに交換する際に還元率1.5%になる「ビュー・スイカカード」などがあります。

このページの先頭へ