国際ブランドクレジットカード人気ランキング比較

クレジット業界では、加盟店も多く世界的に通用するブランドを国際ブランドと呼びます。

現在発行されているクレジットカードはこの5種類の国際ブランド1つと提携を結んでいるためどの国際ブランドにするかの選択が必ず必要です。

しかし国際ブランドカードの選択肢はとても明確で簡単です。

国際ブランドカードの発行枚数ランキング1位はVISAカード。

2位マスターカード。

3位JCBカード。

4位アメリカンエキスプレスカード。

5位ダイナーズクラブカードです。

圧倒的に知名度が高く発行枚数とも世界1を誇るVISAカードは日本国内でも知名度が高く利便性、信頼性、安全性に優れています。

VISAカードの提携クレジットカードでは、三井住友VISAカードが業界最高水準で万能クレジットカードとして知られています。

ネットショップではお得ランキングで上位をキープし、日本におけるVISAカードの先駆者です。

その他、楽天カード、MUFGカードが上位ランキングに挙げられます。

2位マスターカードはアメリカの企業でVISAに対抗してつくられました。

VISAカードと比較してヨーロッパで強いです。

日本ではカードの種類も多く使いやすいです。

ランキング上位には三井住友カード、楽天カード、イオンカードがあります。

3位JCBカードは日本国内の他のクレジットカード会社と異なり日本で誕生した自身の国際ブランドです。

日本国内では最もカード発行数が多いのですが世界的には2~3%にとどまっています。

日本国内ではJCBの加盟店が多く地方に浸透しています。

アジア地域にも圧倒するほどの加盟店を誇ります。

上位ランキングにはMUFGカードゴールド、JCB EIT、イオンカードがあります。

4位アメリカンエキスプレスカードは旅行サポート、ステータスに優れたカードです。

旅行関連サービスの充実は他を圧倒しており、日本で初めてゴールドカード発行しました。

5位ダイナースクラブカードは最上級のサービスやステータスシンボルです。

アメリカを中心に展開する審査の厳しさと加盟店も高級店が多く日本の会員数は少ないです。

国際ブランドカードの各ランキングを比較して思うことはVISAカードかマスターカードを選べばほぼクレジット生活に支障をきたすことはなく国内外問わず多くの加盟店が参加しており問題なく安心して使用できることがわかります。

このページの先頭へ