カードランキング上位ではカード審査に落ちる人も多くなります

クレジットカードの入会時には、カード会社の審査があります。

クレジットカードは商品やサービスなどの購入決済後のポストペイ(後払い)が原則ですから、利用者にクレジット(信用)を供与しても良いかどうかの審査が重要となります。

この場合の信用とは、その個人の返済能力のことです。

カード入会時での審査では、おもに過去のカード利用履歴と事故履歴が重視されています。

また、カード申込書の記入内容の年齢や就業企業名や年数などがすべてスコア評価されます。

審査での重要ポイントは三点あり、安定した収入と返済能力と特定居住場所が最重要判断ポイントだといいます。

カードの利用履歴や返済遅延などの事故履歴は、現在3つの第三者の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターやCIC(信用情報センター)、日本信用情報機構の個人の信用情報として登録されており、個人が申請すれば情報開示が出来ると述べられています。

カードの利用料金の延滞では、三度の延滞や三ヶ月連続の遅延事実が事故履歴として残され、ブラック情報といわれます。

カード申請で審査に落ちると、その申込記録も残るため、その後の新規申込は半年以降でなければ不利といわれます。

また、カード審査に限らず、銀行などでの住宅ローンなど各種のローン融資や事業資金の融資の申し込みの際に参照され不利な個人の信用情報として扱われることになります。

もし、カードランキングで人気の高いカードを保有しようとするならば、一般的にそのカード会社の審査も厳格ですから、個人の信用情報にキズの無いような配慮が必要です。

過去に何度かカード審査に落ちる人だった場合には、信用情報機関の個人情報は5年間は保持されることになっていますから、時間をかけてじっくりカード保持に向けて最チャレンジしなければなりません。

審査対象のカード利用履歴では、個人信用情報センターへの照会で、支払履歴や借入履歴が重視されるといいます。

返済額の焦げ付きや延滞はマイナス情報というよりは、ブラック情報です。

さらに、キャッシングの頻繁な利用履歴は家計の逼迫を意味しますから、控え目であった方が良いとされますし、消費者金融からの借入履歴もマイナス情報だといいます。

十分に気を付けたいものです。

このページの先頭へ