クレジットカードの不正利用に注意しましょう。

近年クレジットカードにまつわる犯罪が増えています。

とりわけクレジットカードの不正利用に注意しなければなりません。

不正利用されないためのポイントを再確認しておきましょう。

1.クレジットカードにサインをしておくこと。

カードを作成したらすぐに裏面にサインをしておきます。

サインは日頃書きなれている字体で書くのをおすすめします。

なぜならお店で利用する際に、本人であることを証明する手掛かりになるので、ローマ字よりも漢字で書くことです。

こうすることで外国人が簡単にサインを真似ることができなくなります。

2.クレジットカードは限度額を低めに設定しておくこと。

クレジットカードは、現金がなくても支払いができるため、知らず知らずのうちに支払い能力以上に使ってしまうことがあります。

そうならないためにも、カードの使用限度額をできるだけ低めに設定しておきます。

仮に大きな買い物が必要になってカードが使いたい時が来たとしても、限度額を広げることは簡単ですので安心です。

使い過ぎだけでなく、もしカードを不正利用されてしまった場合でも最小限の被害で抑えることができます。

3.クレジットカードの暗証番号はきちんと管理すること。

クレジットカードの暗証番号は、当然のことですが絶対に他人に知られないようにかんりします。

カード犯罪で最も多いのは、盗んだり拾ったりしたカードを使ってキャッシングするものです。

この時たいていは持ち主の生年月日や電話番号から暗証番号を推測して現金を引き出すことがおおいです。

ですから生年月日や電話番号など、第三者に推測されやすいものは避け、家族の誕生日や実家の電話番号など自分にしかわからない番号にしておきます。

4.クレジットカードは人に貸さないこと。

5.クレジットカードの利用伝票は必ず保管すること。

心当たりのない明細があった時にすぐに気付くことができますので、必ず引き落とし完了まで保管しておきます。

6.紛失したらすぐに届け出ること。

カードを紛失したら、すぐに警察とカード会社に届け出る必要があります。

悪用されることはとりあえず予防できます。

このページの先頭へ