付帯保険を活用して浮いたお金で旅を楽しくしよう

海外旅行に行くには、飛行機代に宿泊費、食費、お土産代などお金がたくさんかかるものです。

そんな出費のかさむ中で海外旅行保険費用も必要経費の一つです。

短期の旅行の場合でも数千円は掛かってしまいます。

保険なので何もなければ不要な出費です。

しかし万が一ということは、海外に出ると確率は格段に増えます。

ですのでやはりきちんとした保険に入っておくべきです。

しかし、あまりきちんと知られていないのですが、クレジットカードについている海外旅行保険についてきちんと調べると、保険会社で保険に入るよりも手厚い補償が格安で受けられたり、さらには無料で受けられたりすることがあります。

浮いた保険代で、旅先でもっと楽しめるように、付帯保険を活用して賢いクレジットカード選びをするべきです。

最もお得な年会費無料で、海外旅行保険月のクレジットカードを見てみます。

1.オリコカードiB。

海外旅行保険が自動付帯で、最大2,000万円まで補償が付きます。

国内旅行保険も最大2,000万円まで補償が付きます。

さらにiDとQUICPay、2つの電子マネーが一体化した最強のカードです。

2.R-style。

海外旅行保険が自動付帯で、最大2,000万円まで補償が付きます。

治療費用補償も最大200万円まで補償というように、海外旅行保険目的だけに作っても、とても価値のあるカードです。

緊急時の医療費キャッシュレスサービスもあり安心です。

3.エポスカード。

海外旅行保険は自動付帯で、死亡・後遺障害補償が最大500万円まで補償が付きます。

少し低めの金額設定ですが、治療費用補償(疾病時)は270万円と高額補償となっています。

海外での医療施設の紹介・移送サービスや医療費キャッシュレスサービスなど、旅行によく行く人にとってかなり使い勝手の良いカードとなっています。

4.JCB EIT。

海外旅行保険は自動付帯で、最大2000万円まで補償が付きます。

JCB ならではのきめ細やかなサービスとしては、24時間年中無休で対応している日本語安心サービスがあります。

旅先での緊急時にキャッシュレス治療の手配や病院や医師の紹介、現地医師との通訳なども任せることができます。

このページの先頭へ