欲しいカードをゲットしたい人はカードの管理方法にも注意しよう

現在、クレジットカードの管理に関しては、利用者自身だけでなく、カード決済を利用する加盟店や実店舗やネット店舗の物販業者に至るまで管理・保存の適正な運用や扱い方が注目され出しています。

カードに関する番号情報や利用者の基本情報は個人情報とされ、割賦販売法などの法律により厳格で適切な管理が求められています。

個人情報の機密漏洩やネット上での個人情報大量流出事例は近年増加傾向にあり、テレビなどの報道機関でも盛んに報道されるようになってきています。

漏洩事故があった場合は、当該企業は迅速に事実を正確に公表し適宜の再発防止策を講じなければならなくなっています。

特に、カード利用の顧客の情報を扱う加盟企業は、顧客の個人情報についての扱いが重い負担となっており、情報漏洩だけで罰則と再発防止の対策実施義務が課されており、企業の存立の大きなリスクともなっていますので、カード会社との与信・請求・セキュリティ面のやり取り業務を専門の管理企業にアウトソーシングする企業も現れています。

カードランキングで人気のカード発行会社に限らず、個人のカード情報の管理は難しい面があります。

しかし、カード会社が与信等で使用する利用履歴や事故履歴は第三者機関である個人信用情報機関で管理されています。

カード会社や銀行など金融機関からの日々の取引履歴は2年間利用履歴として記録・管理されており、延滞などの事故履歴も5年間は更新されることはありません。

また、カード利用者の支払履歴のほかにも、限度額や氏名、住所、生年月日電話番号などの属性情報も合わせて管理しています。

しかし、カード会社自身は、独自にも利用者の申込時の情報や延滞情報などを半永久的にデータ保存しているとされ、退会しても削除依頼しない限り持ち続けると言われていますので、利用者の方も複数のカードをなるべく1-2枚に絞り、後は解約し、過去に悪い情報の残ったカード会社のカードは使わない法が良いかも知れません。

このページの先頭へ