カード更新時にも審査されるって本当でしょうか

クレジットカードには有効期限があるのは当然ご存知の事でしょう。

店舗等の利用ではあまり意識するような場面もありませんが、ECサイトでのクレジットカード利用では、有効期限を入力することが多いので、そろそろ期限が近いとか意識することがあるでしょう。

有効期限は状況によって変わります。

クレジットカードを発行してすぐは期間が1年から3年のことが多くなります。

また、年齢が若いほど期限は短くなります。

年収や会社名などに左右されるのです。

つまり、審査時の情報で有効期限も変わるといえます。

そして、有効期限が切れるころに新しいクレジットカードが送られてきます。

通常は自分から申し出ない限りクレジットカードは継続となります。

二回目以降は信用に問題が無ければ長くなります。

ここで問題なのが、カード更新時に一体何が行われているのかと言うことです。

前述したとおり、更新されたカードの有効期限が更新前と違って、支払等に特に問題がなければ長くなります。

つまり、更新時に改めて審査をしているのです。

もちろん更新時期より前に大きな問題があれば、クレジットカードの取り消し等も考えられますが、それまでそれほど大きな問題とならない場合でも、更新時の審査にひっかかる可能性があるのです。

では、どのようなことをしたら審査時の問題となるのでしょうか。

一番の問題はブラックリストに載るほどではないが、度々の延滞です。

支払が滞るのが信用を損なう行為です。

逆に言うと、支払さえすれば借入額が大きくともそれほど問題はないのです。

更新時の審査では、有効期限と利用枠が審査されます。

信用を損なえば、有効期限は短くなりますし、利用枠は小さくなります。

また、返済が滞りそうな場合には回避するようにしなければなりません。

信用情報は各クレジットカード発行会社が共有しているものなので、一社で滞れば、すべてのクレジットカードに影響するのです。

支払が厳しい場合には、リボ払いに切り替え一時的にしのぐなどして、更新時審査に影響を与えないようにしてください。

このページの先頭へ