クレジットカードとデビットカードの違いは

現金が手元に無くとも決済ができ、モノやサービスを購入する方法はいくつかあります。

クレジットカード、デビットカード、交通系や流通系の電子マネーが主な方法と言えます。

この中で、区別があまりついていないのがクレジットカードとデビットカードです。

今回は、これらの二つの違いについて説明します。

大きな違いは、決済のタイミングです。

クレジットカードの場合は、主に月末や場合によっては指定された特定の日となります。

一方、デビットカードの場合には即日決済です。

つまり、使用したその日に決済されるようになります。

クレジットカードは指定した引き落とし口座の口座残高と、ショッピング利用枠には直接関係ありません。

つまり口座残高以上の決済を、ショッピング利用枠内で行うことができるのです。

支払当日には口座内にも現金を準備しておく必要が無く、決済日までに準備しておけばよいのです。

つまり、一時的に借金をしているといえます。

決済方法もさまざまで、分割払いやリボ払いを利用すれば手数料を支払うことで、決済日に全額準備する必要が無く、最低でも分割額やミニマムペイメントを準備しておけばよいことになります。

また、付帯サービスであるポイントサービスや保険も充実しています。

一方、デビットカードはキャッシュカードで決済できる利点があります。

つまり、銀行に口座さえ開いておけば使うことができるのです。

利用枠は口座残高以内かつ一定の金額となっています。

デビットカードは現金を持ち歩いていないが、実際の決済としては現金払いと同じになります。

つまり、口座の中に現金を預金して準備しておかなければならないのです。

このことは、使いすぎができないので、無駄な買い物をしなくて済むという利点と、決済日がはっきりしているので、家計管理がしやすいという利点が挙げられます。

しかし、ポイントサービスなど付帯サービスがクレジットカードよりも弱い面があります。

新たにクレジットカードの審査を受ける必要が無いので、現金を持ち歩きたくないが決済カードを持ち歩きたいときの利用がオススメと言えます。

このページの先頭へ