クレジットカードを延滞するとブラックリストに載りますか

クレジットカードを利用しすぎてしまい、お金が払えなくなる人もいるかと思います。

そのような理由から延滞すると、ブラックリストに載ってしまうかどうか心配な人もいると思います。

一般的には、2、3カ月、支払いを滞納すると、ブラックリストに載ってしまいます。

しかも、あなたの信頼も社会的に失います。

支払滞納者ということで、住宅ローンを組むこともできませんし、新たにクレジットカードをつくることすらできません。

しかし、このような期間は、5年間だけです。

5年経つとまたもとどおり、クレジットカードをつくることもできるし、住宅ローンも組むこともできます。

5年間という期間を短いと捉えるか、長いと捉えるかはあなたの自由ですが、この期間は、クレジットカードの使用すらできません。

そんなことにならないためにも、計画的にクレジットカードを使いましょう。

クレジットカードは現金と同じです。

現金を扱わないので、金銭感覚がなくなってクレジットカードを使いまくってしまうような人もいますが、そのような人は要注意です。

一度ブラックリストに載ってしまうと、住宅ローンだけでなく、車のローンなど、日常生活で必要とする、ありとあらゆる面で不便を感じることとなります。

一カ月でも延滞するだけでも信頼を失います。

クレジットカードは、あなたとクレジットカード会社との信頼関係によりつくられているものです。

そのため、少しでも契約違反なことをすると、あとあと自分の首を絞めることになります。

それに、クレジットカードを使用するときは、あなたの身の回りのものを買ったりするときが多いかと思います。

それ以外は、水道費・光熱費等かと思いますが、いずれにせよ、あなたが日ごろの生活で必要なものをクレジットカードで支払っているはずです。

それは全部、あなたが使用した経費です。

それを延滞するのはもってのほかです。

それなりのペナルティが与えられるのも無理もありません。

クレジットカードを使うときは慎重になり、返済できる額がどうかを判断してから使用しましょう。

このページの先頭へ