ネットショッピングで、カード番号を教えても大丈夫ですか

ネットショッピングは、店にわざわざ出向く必要もありません。

また、クレジットカードで支払いするととても便利で、銀行や郵便局に振り込みにいかなくても自動的に引き落とされます。

こういった理由からネットショッピングを利用される方は多いのではないでしょうか。

しかし、ネットショッピングをする際に、クレジットカードの番号を入れても大丈夫かと心配する人は多いかと思います。

クレジットカードのセキュリティ対策が万全かどうか心配な方は、SSL対策をしているかどうかをまずは確認してください。

SSL対策とは、個人情報を暗号化し、他者が安易に情報を盗むことができなくなるようにロックするシステムのことです。

SSL対策を実施しているならば、情報漏洩の心配はほとんどありません。

しかし、SSL対策だけに頼っていてはいけません。

自分でも必ず確認しなくてはいけないことがあります。

まずは、店の身元がはっきりしているかを必ず確認しましょう。

連絡先が携帯電話である場合は信頼できません。

それに、クレジットカードの利用明細を必ず確認しましょう。

何が引き落とされているのかをチェックする必要があります。

もし、不正に引き落とされていたら、60日以内であれば、お金を返金してくれます。

また、カード番号を無効にすると、それ以降不正にクレジットカードを使用することもできなくなります。

ネットショッピングをする際、まずは、SSL対策がされているかを確認します。

されていればクレジットカードで決済し、利用明細を確認します。

この二つの作業さえ怠らなければ大丈夫です。

ネットショッピングは今や主流のショッピング方法となってきています。

インターネットさえ接続していれば、スーパーなどに行かなくても野菜や果物が買えるからです。

服も買えます。

この便利なツールを大いに利用して、クレジットカードのセキュリティも守りましょう。

注意するべき点さえ押さえていれば、大丈夫です。

このページの先頭へ