ブラックカードってどんなものなのでしょうか

ブラックカードとはどんなものかご存知ですか。

クレジットカードを使っていて、一度は耳にした事があるでしょう。

実際に実物を見る機会はあまり無いかも知れません。

今回は、ブラックカードと呼ばれる上位ステイタスカードについて説明します。

クレジットカードにはさまざまな分類がありますが、ランクに関して言えば、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードやブラックカードと呼ばれる最上位のステイタスカードがあります。

では、それぞれの違いはどのような点にあるのでしょうか。

決済機能に関しては、利用枠以外はほとんど変わりません。

実際にはリボ手数料利率が3%ほど違う場合もあります。

それもわずかな差といえますが、本当の違いは付帯サービスなのです。

より手厚い保障とさまざまなコンシェルジュサービスが一般カードとの違いになります。

ブラックカードに近づくほど、いわゆるT&Eカードの側面が強くなり、あちこちに出かける人向けになります。

旅先でのホテルの予約などが、サービスカウンターにコールするだけで簡単にできます。

他にもブラックカード会員のみのカタログギフトサービスがあります。

また、ゴールド以上のカードであるので、ポイント還元率も一般カードよりもよくなっていますが、このクラスのステイタスカードの場合はあまりウリになっていません。

では、年会費はどのぐらいになるのでしょうか。

一般的に5万円ぐらいが相場ですが、AMEXのように17万円ぐらいのものもあります。

年会費に見合う価値は、その人の生活スタイルに直結しているので、高いか安いかは判断が難しいところです。

では、手に入れる方法はどのようなものでしょうか。

ブラックカードはインビテーション待ちが基本になります。

各社の基準に合った人にのみインビテーションが送付されてくるのです。

インビテーションを手に入れるにはゴールドカードを持つことが条件だったり、知人からの紹介のみだったり本当にさまざまですが、手に入れる近道はクレジットカードを利用し、きちんと支払を行うことであると言えます。

最上位カードはステイタスであるので、その時の状況によって発行を一時停止している場合もありますので、なかなか手に入れにくいこともあることを知っておくとよいでしょう。

このページの先頭へ