一体クレジットカードは何枚持つべきなのか

皆さんがいろいろな店舗でお得な会員サービスを利用しようとするときや、レンタルビデオ店の会員証を会員費無料で使いたいときに、今ではクレジットカード機能がついていることが多いことはご存知でしょう。

実際にクレジットカードを一人当たり持っている枚数は現在では3枚ほどになります。

クレジットカードの審査が通る状況であれば、際限なく作ることもできますし、逆に知らないうちにどんどん増えていってしまうのが現状であると言えます。

このような状況の中、一体クレジットカードは何枚持つべきなのでしょうか。

基本的に、クレジットカードの機能をまとめると、決済機能、キャッシング機能、付帯サービスの三つに分かれます。

ここで付帯サービスのうち、ポイントサービスの面から考えると、クレジットカードは一つで十分といえるでしょう。

理由は、ポイントサービスは一つのクレジットカードを使いポイントをまとめたほうがよいからです。

ポイントには最低使用ポイントと言うものが決まっています。

つまり、ある程度ポイントを貯めないと使うことができないのです。

ばらばらにポイントを貯めると、ポイントを使うことができずに有効期限がきれてしまうことがあるのです。

ポイントのためには一つのカードを使うのがよいでしょう。

次に、大きな額を決済したい場合には複数枚持つことも考えられます。

ゴールドカードを持ち、利用枠を大きくすることも考えられますが、ゴールドカードには必ず会費がかかります。

そのようなときにサブのカードとしてもう一枚持つのもよいでしょう。

最後に、付帯サービスの中に持っておくだけで有効な保険がついているものがあります。

女性専用カードなどに特に多くついています。

このようなカードを保険を目的に所持しておくのも有効でしょう。

同様に、持っておくだけで駐車場割引がついているものもあります。

このようなものも所持するものよいでしょう。

ポイント還元も考慮したメインカード、大きな決済をするときのサブカード、無料付帯サービスためのカードと3種類に分けるとよいでしょう。

それ以上たくさん持つ場合には、管理が難しくなりますので、注意が必要といえます。

このページの先頭へ