使わないクレジットカードはどうするのがベストなのか

皆さんは、クレジットカード枚数はいまどれぐらいかご存知でしょうか。

近年、クレジットカードは各社との提携が流行り、囲い込みの意味も含め、さまざまな企業がクレジットカードを発行するようになりました。

その頃からクレジットカードの発行枚数は増え、現在では一人当たり3枚ほどもつ計算になっています。

また、クレジットカードの発行も審査基準がさまざまあり、かなり容易であると言えます。

そのような状態であるため、必ず出てくるのが使わなくなったクレジットカードです。

皆さんは、使わないクレジットカードはどうするかと聞かれたら、どのように答えるでしょうか。

まず調べなければならないことがあります。

その使わなくなったクレジットカードの年会費のシステムと、付帯サービスです。

まずは年会費ですが、年会費が完全無料など、特別に負担する費用がなければそのままでよいかもしれません。

しかし、年に一度使用しなければ年会費負担が発生するクレジットカードもあります。

次に、付帯サービスです。

女性向けクレジットカードなど、付帯サービスに特別な保険がついているか確認するのです。

また、他にも付帯サービスだけ利用するかどうか検討してください。

年会費が完全無料、保険など持っておくだけで発生する付帯サービスを利用する場合には、使わなくなったクレジットカードでも持っておいてよいでしょう。

しかし、まったく使わない場合は年会費を支払う可能性が出てくることや、存在を忘れてしまい紛失してしまう、紛失したクレジットカードを悪用されてしまう可能性が出てきます。

そのようなことを考えても、一般的に使わなくなったものは退会処分するが第一選択といえるでしょう。

特に存在を忘れてしまい、年会費を払い続けていることに気付かない場合が多々あります。

このようなコストはまったく意味の無いものなってしまうことに気をつけてください。

クレジットカードを上手に利用して、お得な生活を楽しんでくださいね。

このページの先頭へ