引落し日に間に合わなかった場合にどうなるのか

クレジットカードは便利なもので、現金を持ち歩くことなく決済を行うことができます。

つまり、買い物するときその場ではお金が必要ないのです。

実はそれどころか、引き落とし日までに引き落とし口座に決済額を準備しておけば、支払日にお金があるかどうかは関係ないのです。

しかし、このようなギリギリなことを続けていれば、いずれ引き落とし日に必要な決済額が間に合わないということになってしまうでしょう。

では、引き落とし日に間に合わなかったらどのような対応になるのでしょう。

クレジットカード発行会社はまずは手紙で引き落としができなかった旨を伝えます。

この時点で支払をするようにした方がよいでしょう。

手紙に気付かなかった等で、支払をしなかった場合、次に電話で催促されるようになります。

それでも払わなかったら、そのクレジットカードは使用停止になります。

3ヶ月延滞状態になると、その情報は個人信用情報センターに載せられます。

この記録がいわゆるブラックリストで、記録は5年間保存されるのです。

ブラックリストに名前が載った状態だと、新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

また、クレジットカード更新時に更新拒否される可能性もでてきます。

ブラックリストから事故情報が抹消されるまで待たなければならなくなります。

また、事故情報以外にも二年間の使用履歴が残ります。

その履歴を照会して、1ヶ月以上の延滞が何度かあったり、自己破産の記録があったりした場合には、信用が大きく失墜してしまいます。

そうなった場合、ブラックリストに載ったときと同様のことになる可能性があるのです。

何度も引き落とし日に間に合わないと言うことがないように、とにかく引き落とし口座に入金し忘れることが無いようにするしかありません。

その時、引越しなどに伴い明細書が届かないことがあります。

このようなことにならないためにも、引越し後はクレジットカード発行会社に住所変更などの手続きを必ずするようにしたほうがよいでしょう。

このページの先頭へ