無職でもクレジットカードは作ることができるか

無職でもクレジットカードは作ることができるか、についてですが結論から言えば作成できるものもあります。

大きく分けて家族カードを作る、審査が甘いと言われるクレジットカードを申し込む2つのパターンがあります。

家族カードは自分の親族が所有している、または作ってもらうカードの家族として申し込みます。

ただし引き落としが本会員(この場合は親族)の口座になるので注意が必要です。

続いては審査が甘いクレジットカードを申し込む方法です。

楽天カード、アコムACマスターカード、セゾンカードなどが審査の通りやすいカードと言われています。

この中でもっともお勧めするのは楽天カードです。

審査基準を考慮しなくても年会費無料や充実したポイントサービスといった点で非常に魅力的なカードです。

申し込む際の注意点ですが、虚偽記載をしないこと、キャッシング枠を申請しないこと、一度に複数のカード会社に申し込まないことが挙げられます。

無職の状態であれば、虚偽記載したくなりますが正直に申請しましょう。

続いてのキャッシング枠についてですが、キャッシングを利用する場合には収入証明書類の提出が必要になるからです。

最後に多重申し込みについてはカード会社問わず印象が悪くなります。

どうしても複数申し込みたい場合は必ず期間を空けるようにしてください。

ひとくちに無職と言っても預貯金、住居形態、クレジットヒストリーなど様々な違いがあります。

一般的には、住まいが一人暮らしではなく実家住まい、連絡先が携帯電話ではなく固定電話の方が審査に通りやすいと言われています。

専業主婦・主夫や学生といった無収入の状態でも配偶者や親の経済状況によってクレジットカードを作ることが可能です。

ちなみに無職の状態で発行されたクレジットカードの利用枠(カード会社への支払いごとに使える金額)は10万円と低めに設定されることがほとんどです。

増額するにはある程度の期間延滞することなく支払った実績が必要になりますので注意してください。

このページの先頭へ