現金よりカード払いがお得な点とは、どういう点でしょうか。

よく耳にすることに、同じお金を払うのならば、現金よりもクレジットカードで払ったほうがお得だよということです。

では、どのような点でお得なのでしょうか。

クレジットカードの基本として、決済機能と付帯サービスに分かれます。

決済機能とは、現金なしでモノやサービスを購入できる機能で、手元にまとまったお金が無くとも購入することができます。

それどころか、将来現金が入ってくることを見越して購入することも可能です。

すなわち、分割払いはリボ払いの利用を指します。

これらの決済機能は現金にはない優れた機能で、これだけでもお得といえますが、手数料を支払うことになるので、実際に支払う額が上がってしまいます。

実は本当にお得なのは、付帯サービスがついていることなのです。

付帯サービスとは、クレジットカードを使用するだけでついてくるサービスで、クレジットカード発行会社やクレジットカードの種類によって、さまざまなサービスがあります。

一番多いサービスがポイントサービスです。

クレジットカードで買い物をする度に、支払額の0.5%など一定の利率で商品と交換したり、電子マネーとして使用することができるポイントが加算されるものです。

このサービスが最大の目玉といえます。

実際に、クレジットカード選びをする場合に、ポイント還元率を見ることが一番多いでしょう。

還元率はクレジットカードのランクによって異なり、同じ発行会社のものでも、一般カードとゴールドカードでは異なる場合がほとんどです。

また、一部のカードでは特定の日に、決まった店舗で買い物することで支払い総額からキャッシュバックするものもあります。

流通系カードによく見られ、関係会社の店舗で商品を買ってもらうのが狙いになります。

キャッシュバック率は最大5%と大変大きいので、特定の店舗で購入することが多く、キャッシュバックサービスを行っている場合には、大変お得となります。

また、各種保険がついたものもあります。

旅行傷害保険やショッピング保険になります。

旅行や出張が多い場合は、クレジットカードで支払うほうがお得といえます。

このページの先頭へ