質問です。リボ払いと分割払いってどう違うの。

クレジットカードを使っていて、分かっているようで分かっていないものの一つに決済方式です。

特に、なんとなくリボ払いと分割払いのには手数料がかかるから一括払いのみと決めている人にとっては、興味も無く関係ないことかもしれません。

実際には、かなり方式も違えば、手数料にも差が出てくるのです。

今回は、リボ払いと分割払いの違いについて説明します。

まずは共通しているのは、支払代金を一度に支払わず、何度かに分けて支払う方式だと言うことです。

このときに、一定の手数料がかかります。

この点も共通しています。

では、それぞれの方式について説明します。

リボ払いは、リボルビング払いの略で、繰り延べ払いとも呼ばれます。

リボ払いとは、支払い総額に対し毎月一定の額を支払い分割返済する方式になります。

もちろんリボ払い手数料が15%から18%かかります。

支払するべき一定額は、支払総額によって決められ、ミニマムペイメントと言います。

ミニマムペイメントは支払総額が多くなるほど大きくなります。

それは、ミニマムペイメントがあまりにも小さい場合、手数料のみを支払うようになってしまうからです。

毎月の支払額が決まっていることから、毎月の負担を軽くすることができます。

また毎月の支払残高に対して手数料を計算する方法なので、月の支払額を大きくすることで手数料負担を減らすことができます。

クレジットカードを毎月使用する場合、支払総額が増えますが、この場合にミニマムペイメントが変わる方式と変わらない方式があります。

毎月の返済額が支払総額によって変化する場合もあると理解すればよいでしょう。

一方、分割払いとは、支払総額に手数料を加えた総額を分割回数で割り、割った額を毎月返済する方式です。

分割回数により手数料利率が変わり、分割回数が増えるほど、利率が上がる傾向があります。

分割払いを決めた支払額は、その時点で手数料額も決まるため、繰上げ返済を行っても、手数料額は変わりません。

また、2回までの分割払いには手数料はかかりません。

2回払いが選択できる場合には、毎月の負担を手数料なしで減らすことが可能です。

このページの先頭へ