身に覚えのない請求が届いたら一体どうしたらよいのか

クレジットカードはとても便利で、上手な利用で大変お得になるものであることはご存知でしょう。

最近では、インターネット上のECサイトなど、クレジットカードによる決済利用のシーンがますます増えてきています。

そんな中、心配なのがクレジットカードの不正利用です。

不正利用の可能性として考えられるのは、クレジットカード自体を盗まれて不正利用される場合があります。

そしてそれ以上に深刻なのが、クレジットカード番号と暗証番号を盗まれてネット上などで不正利用される場合です。

PCにキーロガーを知らないうちにインストールされて、そこから情報を盗まれたり、架空サイトから盗まれたりと手口はさまざまな方法があります。

また、店舗でクレジットカードを使用した際に、スキミングされて情報を盗まれる場合もあります。

これらの不正行為から、身に覚えのない請求が来た場合はどのようにしたらよいのでしょうか。

まずは、クレジットカード発行会社と警察に相談しなければなりません。

クレジットカードに付帯している盗難保険が適用になります。

どの請求が身に覚えはっきりしなければなりません。

盗難保険は申し立てた日からさかのぼること60日まで保証してくれます。

大切なのは、身に覚えのない請求に早く気付くことといえます。

このようなケースに対応するためにも、カードを使ったときの請求書は少なくとも決済されるまでとっておきましょう。

また、身に覚えのない請求でも不正請求で無い場合もあります。

それは請求日が手続きの都合などで遅い場合です。

基本的に遅くて1ヶ月ほどで請求されるものですが、場合によっては2ヶ月遅れになることがあります。

その時、買い物をしたことを忘れてしまい不正請求と勘違いしてしまうことがあるのです。

このような時は、まずはクレジットカード発行会社にだけ連絡をして、不正請求であるかどうか確認してもらってから、という流れになります。

不正請求に気付くのが遅れて、申し立て日が遅くなってしまった場合、保険の対象外となってしまうことがあります。

そのようなことを防ぐためにも毎月の請求書を確認することが大切と言えるでしょう。

このページの先頭へ