退職したら、カード会社への申告は必要でしょうか

現在の勤め先を転職や定年などで退職することがあります。

その時に、今まで使っていたクレジットカードはそのままで使うことができるのでしょうか。

実は黙っていてもしばらくの間ならば、使うことができます。

特に、支払がきちんと行われている限りは大丈夫とも言えます。

しかしながら、あまりにそのまま放置しておくのはいざクレジットカード発行会社に現状が分かった場合に有利になることはありません。

実際に、虚偽の事項で登録していることになりますので、クレジットカードの利用停止をクレジットカード発行会社は行うことができるのです。

特に、会社を退職して自営業や無職になった場合には、新規発行が難しくなることがほとんどなので、このような状態にならないように早めに申告しておくべきでしょう。

一つのポイントとなるのは、やはり支払です。

どのような状況であっても、支払がきちんと行われている限り、クレジットカード発行会社はそのままにしておくことが大半なのです。

申告は支払がきちんと行われているうちにすることが大切でしょう。

有利なうちに大丈夫ですよとアピールするのです。

転職の場合は、次の仕事が決まってから、事後報告するほうが何かとスマートです。

決まった時点でやるのがベストでしょう。

では、申告した場合に不利なことはどのようなことが考えられるでしょうか。

一番は利用枠の縮小です。

特に退職では、収入減が想定されます。

そのような時、それまで与えていた利用枠のままでは、払いきれない可能性があります。

そのようなことを見越して、利用枠がいつのまにか縮小することがあるのです。

これは使いすぎを防ぐ面から考えれば、まったく使えなくなることと違って歓迎するべきことといえるでしょう。

基本的に個人情報が変更になった場合、いつまでも変更しないままではいい事はありません。

気付いたら早目の変更と覚えておいてください。

支払がされている限り、いきなり使用停止になることはありませんから、心配しないでください。

このページの先頭へ